海抜マイナス400メートル 死海のリゾートへ

2015年2月 中東旅行 [8]

オマーンに3泊した後は、ヨルダンへ。死海のリゾートへやって来ました。

2015-02-18-1

死海 (Dead Sea) は、イスラエルとヨルダンの国境に沿って広がる塩水湖。

ここは、海抜マイナス400メートルと、地上で最も海抜の低い場所にあるため、年間を通して気温が高く、また降水量も少ないため、死海の湖水の塩分濃度は30%。(ちなみに普通の海水は約3%)

塩分濃度がこんなに高いので、死海の水の中に入ると、何もしてなくても、体がぽっかりと浮かび上がります。 ってか、歩いて水の中に入っていくと、足が浮いて来ちゃって、歩けません(笑)。

今回私たちが訪れたのは、ヨルダン側の死海のリゾート(死海の東岸側)です。(遠くに見える死海の向こう岸はイスラエルです)

2015-02-18-2

実は、昔一度、イスラエル側の死海を訪れたことがあるのですが、その時は、ビーチや湖の底が塩の結晶のようになっていて、靴を履かないと痛くて水の中に入れなかったのですが、今回は、ビーチは塩の結晶にはなっていませんでした。

でも、水が透き通っていて、とっても美しい!

2015-02-18-3

これで、ビーチが塩の結晶になってると、珊瑚礁の海みたいな色になって、更に美しいんですけどねえ〜。イスラエル側で訪れたビーチほど遠浅ではなかったからか、それとも今回は冬だったので、水があまり蒸発していなかったのかもしれません。

それでも、リゾート近くの湖畔の崖の下の方には、塩の結晶がくっついているのを見ることができました。

2015-02-18-4

今回訪れた、ヨルダン側の死海のリゾートは、アンマン空港から西に約65キロほど(車で1時間弱)のところにあります。

私たちは、マリオット系のリゾート (Jordan Valley Marriott Resort & Spa) に宿泊しましたが、周辺にはスパ設備の整ったゴージャスな欧米系のリゾートがいくつも並んでいます。(宿泊するホテルに頼んでおけば、送迎の車を手配してもらえます。)

海抜マイナス400メートルなので、真冬でも温かくて過ごしやすいのですが、死海でプカプカ浮かぶにはやっぱりちょっと寒いので、ベストシーズンは春か秋だと思います。

死海に沈む夕日が、とても美しかったです!!
2015-02-18-5

スポンサーリンク
Adsense Large Rectangle

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Adsense Large Rectangle
コピーはできません。