シドニー Cremorne Point

ニューサウスウェールズ州

ワトソンズベイを訪れた翌日は、クレモーン・ポイントという所を訪れました。

シドニーハーバーの北岸にあるクレモーン・ポイント (Cremorne Point) は、モスマン・ベイ (Mosman Bay) とシェルコーブ (Shell Cove) という2つの湾に挟まれた細長い岬です。

シドニーのサーキュラーキーからモスマンベイ行きのフェリーに乗って、首相官邸のキリビリハウスを通り過ぎて。。。

クレモーンポイントの桟橋経由で、岬の先端にあるちっちゃな灯台をぐるっと回って、モスマンベイへと入っていきます。

フェリーは、この後サウスモスマン (South Mosman)、オールドクレモーン (Old Cremorne) の桟橋を経由して、細長く入りこんだモスマンベイの奥へと進んで行きます。

サーキュラーキーを出発して20分で、終点のモスマンベイの桟橋に到着。

フェリーを降りて、ここから、先ほど通ったクレモーンポイントの先端を目指して、海沿いのウォーキングトラックを歩きます。

木々の合間から見えるモスマンベイの景色がとても美しい。

シドニーのシティから近いのに、緑がいっぱいで。。。

なんだか、郊外の山の中にでもやってきたような気分になります。

ウォーキングトラックの左手にはモスマンベイの景色

右手にはステキなお屋敷が並んでいます。

モスマンベイの桟橋から、2キロちょっとで、クレモーンポイントの先端に到着。

正面にはオーストラリア海軍の船が停泊するガーデンアイランドが、右手にはシドニーのシティが見渡せます。

ここからは、今度はクレモーンポイントの西岸のシェルコーブ沿いを北に向かって歩きます。

シェルコーブ側からは、シドニーのシティとオペラハウスとハーバーブリッジが一望できます。

私は、緑が多くてひっそりとしたモスマンベイ側の景色のほうが気に入りましたが、シェルコーブ側は年末の花火を見るのには絶好の場所ですね!!

クレモーンポイントの西岸を歩いた後は、再びクレモーンポイントの先端まで戻って、そこからフェリーに乗ってサーキュラーキーに戻りました。 クレモーンポイントの先端の桟橋からサーキュラーキーまでは、フェリーでわずか10分です。

シドニーハーバーは、海岸線が複雑に入り組んでいるので、あちこちに小さな湾や岬があって、景色の良いスポットが点在してるんですね。

フェリーで簡単にあちこち移動ができるというのも、私が住むメルボルンにはない楽しみ。 メルボルンとはまったく違った魅力があって、同じ国ながら、なんだか外国に旅行に来たような気分になれるところです。

 

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました