タスマニア西部 ストローン

タスマニア州

2021年1月 タスマニア旅行

マッコーリー湾 (Macquarie Harbour) に面したストローン(Strahan) は、タスマニア西部の観光拠点として知られる小さな村です。

ストローンの町が築かれたのは、19世紀後半のこと。周辺の鉱山(クイーンズタウンやジーハン)から鉄道で運び込まれた鉱産物を出荷する港町として栄えていましたが、20世紀中頃になると、新しく道路が開通したことにより、鉱産物は他の港へ運ばれることに。。。鉱山とストローンを繋いでいた鉄道は廃止され、ストローンは、鉱業を支える港町としての役割を終えることとなりました。

今現在のストローンの港には、観光用のボートやヨット、小さな漁船が停泊しているだけ。かつての産業港としての面影はなく、自然に囲まれた小さな漁村のような、のんびりとした美しい景観が広がっています。

私がストローンを訪れるのは、なんと15年ぶり。ひょっとして、以前より観光地っぽく賑やかになってるのかな?なんて思っていたのですが、全然変わってない!!やっぱり、タスマニア西部は、アクセスしにくいので、他の観光地に比べると、訪れる観光客が少ないのかもしれません。

さて、タスマニア西部の観光拠点となるストローンですが、実は、ストローンの村自体に、さほど見どころがあるわけではありません。というのも、ストローンでは、ここから出発する船や鉄道のツアーに参加して、タスマニア西部に広がる大自然を観光することになるからです。

とはいえ、これらのツアーから帰ってきた後に、訪れてみてほしいスポットがいくつかありますので、今回のブログでは、そちらを紹介しておきたいと思います。

ヒューオンパインの製材所でお土産ショッピング

ストローンのウォーターフロントにあるMorrisons Huon Pine Sawmillという製材所では、タスマニア産の木製品のお土産を買うことができます。

ササフラスやマートルなど、タスマニアで採れる様々な木材を使った商品が手に入るのですが、特にお勧めしたいのが、ヒューオンパイン (Huon Pine) を使ったもの。

ヒューオンパインは、タスマニア西部~南西部にしか生えていないという珍しい木です。生育速度が遅いため、非常に固く、また、油分を含んでいるために、腐りにくく、かつては造船用の木材として大変重宝されていました。

現在では、絶滅危惧種として伐採が禁止されているため、かつて伐採したもののストックや自然に倒れた木のみ、ライセンスを持った業者によって製材されることが許されています。

Morrisons Huon Pine Sawmillの並びには、他にも何軒か、ヒューオンパインの木製品や木材を売るお店が並んでいます。

お店によって品ぞろえも様々なので、是非見比べながら、お土産ショッピングを楽しんでくださいね。

ホガース滝

ストローンの村から徒歩で手軽に原生林を楽しめるのが、ホガース滝 (Hogarth Falls) までのウォーキングトラックです。

 ストローンのPeople’s Park という公園から続くこのウォーキングトラックは、片道約1.2キロ。

原生林の中を、紅茶のような赤茶色をした小川が流れていて、とても美しい!

お散歩感覚で簡単に歩けて、しかも景色が美しくて、非常におすすめです。

オーシャンビーチ

ストローンの村から、6キロほど離れたところには、オーシャンビーチ (Ocean Beach) という美しいビーチが広がっています。

マッコーリー湾の外の大海に面したビーチなので、波が荒く、海水浴には向きませんが、村の中心から車で10分ぐらいなので、時間があったら、オーシャンビーチまでドライブに出かけてみても良いと思います。

今回、私たちは、「ゴードン・リバー・クルーズ」と「ウェストコースト・ウィルダネス鉄道」という2つのデイツアーに参加したので、ストローンには3泊しました。

宿泊したのは、Driftwood Strahan Villas というキッチン付きのヴィラ。

ウォーターフロントから少し内陸に入ったところにあるので、宿からマッコーリー湾の眺望は望めませんが、ウォーターフロントまで徒歩で10分ほどだし、ヴィラのすぐ近くには、スーパーマーケットもあって、便利でした。

ストローンは、とても小さな村なのですが、村のサイズの割には宿泊施設の数は多いです。ただし、夏のスクールホリデーシーズン(12月下旬~1月下旬)は、観光客も多いので、早めに予約を入れたほうがベターです。

→ ストローンの宿泊施設を探す

次回のブログでは、ストローンの観光のハイライトとも言える、ゴードン・リバー・クルーズをご紹介します。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました