ホバートからタスマニア西部への道程

タスマニア州

2021年1月 タスマニア旅行

タスマニア3日目は、朝、ホバートの町でレンタカーをピックアップして、いよいよ、タスマニア西部へ移動。

ホバートからタスマニア西部のクイーンズタウン (Queenstown) までは約260キロ。きちんと舗装された道が通っているのですが、途中山道もあったりするので、休憩時間を入れずに4時間ほどかかります。

景色の良い場所で寄り道をしながら、ゆっくりと丸一日かけて移動すればよいと思っていたのですが、この日は生憎の雨模様。気温もメルボルンの真冬並みの寒さでね。。。ウォーキングトラックを歩くようなコンディションではなかったので、結局、休憩がてら立ち寄ったのは、ダーウェントブリッジ (Derwent Bridge) にあるザ・ウォール (The Wall) というアトラクションと、セントクレア湖 (Lake St Clair) の2箇所だけとなりました。

ザ・ウォール (The Wall)

ザ・ウォール (The Wall) は、ヒューオンパイン(タスマニア固有の針葉樹)の板に施された巨大な彫刻作品が展示された美術館のようなアトラクションです。

建物の中に入ると、タスマニアの歴史を題材とした彫刻が施された高さ3メートルx長さ50メートルの巨大な壁が2面連なっていて、回廊のように歩きながら鑑賞できるようになっています。この彫刻作品は、芸術家グレッグ・ダンカン (Greg Duncan)によるもの。木彫りとは思えないほど精巧な作品で、そのスケールの大きさに圧巻されます。内部の撮影は禁止なので、残念ながら写真は撮れませんでしたが、一見の価値ありです。

→ The Wall のウェブサイトはこちら(ウェブサイトには予約要と書いてありましたが、予約なしでも問題なく入れました。)

セントクレア湖(Lake St Clair)

ザ・ウォールの次に立ち寄ったのが、セントクレア湖(Lake St Clair)です。セントクレア湖は、ザ・ウォールのあるダーウェントブリッジのすぐ近くにあります。

セントクレア湖から、その北にあるクレイドルマウンテンまでの広大なエリア一帯は、Cradle Mountain – Lake St Clair National Park という国立公園になっており、クレイドルマウンテンからセントクレア湖まで6日間かけて歩くOverland Track という本格的なハイキングコースが有名です。

セントクレア湖周辺には、簡単に歩けるコースもあるのですが、この日は、お天気悪かったので、ちょっと休憩しただけ。(売店やカフェがあります。)

セントクレア湖には、15年前にも一度立ち寄ったことがあるのですが、確か、その時も、お天気がいまひとつだったような気が。。。まあ、この周辺は、雨が多いエリアなので、仕方ないのかもしれませんね。

ちなみに、セントクレア湖には、Lake St Clair Lodge というキャビン風の宿泊施設や、Pumphouse Point というラグジュアリーな宿泊施設もあります。ただ、タスマニアには、セントクレア湖よりも風光明媚な場所がたくさんあるので、ここに1泊するのは、ちょっともったいないかな~というのが、私の個人的な意見です。

→ セントクレア湖のウェブサイトはこちら

ホバートからタスマニア西部へ向かうこのルート上には、大きな町はありません。途中、ガソリンスタンドやカフェはいくつかありますが、水やスナックなど、必要なものはホバート周辺で手に入れておくことをおすすめします。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました