サレルノから日帰りでアマルフィ海岸へ

2019年5月~6月 ヨーロッパ旅行

サレルノ滞在中、日帰りで、アマルフィ海岸へ出かけました。

アマルフィ海岸の東に位置するサレルノからは、アマルフィ海岸の主要な街へ行くフェリーが出ています。

アマルフィ海岸で一番人気の街ポジターノへは昔訪れたことがあるので、今回はポジターノまでは行かずに、アマルフィ (Amalfi) ラヴェッロ (Ravello) という2つの街を訪れてみることに。。。

サレルノを出発したフェリーは、アマルフィ海岸沖を西へ向かって進みます。

しばらくすると、海岸線が次第に険しくなってきます。

このゴツゴツとした岩山と、その合間にへばりつくようにして点在する小さな街の景観が、アマルフィ海岸の魅力です。

サレルノを出発してから35分で、アマルフィに到着。

アマルフィの街を散策する前に、港の前にあるバス停からバスに乗って、アマルフィの背後にそびえ立つ山の上にあるラヴェッロという街へ向かいます。 → バスの時刻表はこちら

崖沿いのカーブの続く山道を登って行くスリル満点のバスに乗って約25分でラヴェッロ (Ravello) に到着。

少し雲がかかっているけど、素晴らしい景色です!!!

この町で最も人気の観光スポットがヴィラ・ルフォロ (Viilla Rufolo) という庭園です。

庭園内には、歴史的な建造物も残ってはいるのですが、お庭の手入れは今ひとつといった感じ。

テラスからの景色は確かに美しいのですが、ラヴェッロに着いた時にバス停の近くから見た景色とさほど変わりなく、うーん、わざわざ入園しなくてもよかったかも?

ヴィラ・ルフォロを散策した後は、ラヴェッロの街の散策へ。

ラヴェッロは、とても小さくて鄙びた雰囲気の街。土産物屋や飲食店も何軒か並んでいたりしますが、アマルフィよりもずっと人が少なくて、のんびりした気分で散策することができました。

ラヴェッロの散策を終えた後は、再びバスに乗って山道を下り、アマルフィの街へ。

まずは、アマルフィ大聖堂を見学。

サレルノの大聖堂と同様、アラブ様式の影響が見られるエキゾチックな雰囲気のするアマルフィ大聖堂。

幾何学模様の説教台や豪華絢爛な地下聖堂も、サレルノの大聖堂と良く似ています。

アマルフィは、ポジターノよりも庶民的な雰囲気がする街。

細い路地が迷路のように入り組んだとても魅力的な街なのですが、ポジターノと同様、観光客が多すぎるのが玉に瑕。。。

アマルフィ海岸の景観は確かに素晴らしいので、一度は訪れて見たい場所ではありますが、個人的には、ナポリ近辺ならカプリ島のほうが好き。また、アマルフィ海岸と似たような景観の場所としては、イタリア北部のポルトフィーノやポルトヴェネーレの方が落ち着いていて好みです。

サレルノからアマルフィ海岸へのアクセス

アマルフィへ: サレルノのPiazza Concordia からフェリーで約35分

ポジターノへ: サレルノのPiazza Concordia からフェリーで約70分

→ フェリーの時刻表はこちら

サレルノからアマルフィ海岸へは路線バスも走っていますが、山道で時間がかかるので、フェリーで海からアクセスするのがおすすめです。

スポンサーリンク
Adsense Large Rectangle

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Adsense Large Rectangle
コピーはできません。