ボローニャの街並 – サント・ステファノ教会

ボローニャには趣きのある美しい場所がたくさんあるのですが、その中でも私が一番好きなのが、サント・ステファノ教会 (Abbazia di Santo Stefano) の周辺。

ボローニャの斜塔から南東にのびるサント・ステファノ通り (Via Santo Stefano) を歩いていくと、サント・ステファノ教会のある広場が目の前に現れます。

丸い石ころの敷き詰められた小さな広場なんですが、なんだかとっても静寂感があって、突然タイムスリップをしたような、そんな不思議な気分にさせてくれる空間です。

この広場に面した建物がまた美しい建物ばかり。

このポルティコにも一つ一つ違う顔の彫刻がついてる。

この広場に建つのが、広場の名前にもなっているサント・ステファノ教会。

とても小さな、なんてことはない教会に見えるのですが、実はこの教会の敷地内には4つの教会が建っているんです。(もともとは7つあったそうです。)

入り口のある Chiesa del Crocefisso は、内部も地味な普通の教会といった感じなのですが、この教会の左手奥にある小さな木の扉を開けると。。。

なんとも厳かな次の教会が現れます。

そして次の扉を開けると。。。

そして。。。

といった感じで、次から次へと教会や美しい中庭を散策できるようになっています。

いやー、ここは本当に感激しましたよー。

小さな教会なので、知らないと入ってみようと思いませんよね。 それに、最初の教会に入っても、奥に次の教会につながる木の扉があるって知らないと最初の教会を見ただけでそのまま帰っちゃいますよね。

実際、前回ボローニャを訪れた際には、この広場にたまたま辿り着いて、その美しさに感激したものの、教会の中がこんなになっているとは知らず、広場で写真を撮っただけでした。

++++++++++++++++++++++++++

ボローニャを訪れたのは、今回で3度目です。

一番最初に訪れたのは、18年ほど前。 真冬の、それも年末の日曜日。 フィレンツェからべネツィアに車で移動する途中で、ランチにボロネーゼでも食べてく?ってなノリで立ち寄ったのですが、なんせ日曜日だったのでお店は全部シャッターが下りてるし、町は閑散としてるし、なんてつまらない町だろーって思ったんですね。

それが、数年前に2回目に訪れた時は、周辺の町も回るつもりで数泊したのに、ボローニャの町があまりに楽しくって、周辺の町を回る暇もなくなるほど。

3回目の今回は、ボローニャに2週間余りも滞在したわけですが、やっぱりボローニャは大好きな町だと確信しました。 なんと言っても街並みも美しいし (まあグラフィッティなんかも結構あったりはするけど)、大きな町なので活気があるし、買い物も便利。 交通も便利で、毎日のように日帰りで色んな町を訪れることもできたし、ボローニャをベースにしたのは正解だったなーと思います。


→ ボローニャの宿を探す

スポンサーリンク
Adsense Large Rectangle

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Adsense Large Rectangle