メディア王の館 ハースト・キャッスル

カリフォルニア州

旅行時期:2010年11月  アメリカ合衆国


さて、カーメルに2泊した後は、カリフォルニア州道1号線を更に南下してサン・ルイス・オビスポの街へと向かいます。

この州道1号線は、通称パシフィック・コースト・ハイウェイと呼ばれ、太平洋沿いを走るとても景色の良い道路です。

途中、サンフランシスコとロサンゼルスのほぼ中間辺りに、サンシメオン (San Simeon) という場所があり、高い丘の上に、アメリカのメディア王ウィリアム・ランドルフ・ハースト (William Randolph Hearst) が建てた豪邸があります。

ハースト・キャッスル (Hearst Castle) と呼ばれるこの豪邸は、ウィリアム・ランドルフ・ハーストの死後、1957年にカリフォルニア州に寄贈され、現在はカリフォルニア州のState Historic Monumentとなっており、州道1号線沿いにあるビジターセンターからツアーに参加して見学することができます。

幾つかの種類のツアーがあるのですが、Experience Tour というのに参加してみました。まずは、ビジターセンターからバスに乗って丘を登っていきます。 当時はここに動物園まであったそうです。

丘の上のハースト・キャッスルに到着。

Casa Del Solと呼ばれるゲストハウス

Experience Tourでは、この Casa Del Sol の内部も一部見学することができます。

Neptune Pool

 

Casa Del Sol とCasa Grande の間にあるテラスからの眺め

このテラスの近くには、エジプトから持ってきた3000年前 (だったかな?) の彫像があったりします。 こういったものは、今ではエジプトの文化遺産として国外持出が禁止となっているものだそうですが、当時はサザビーなどのオークションで取引がされていたんだそうです。

 

Casa Grandeと呼ばれるメインハウス

Experience Tour では、メインハウスの1階にある巨大なアセンブリールーム、モーニングルーム、ダイニングルーム、ビリヤードルーム、シアターを見学します。

この Casa Grande の内装が、凄い。 何百年も前のフランスの暖炉やら、何百年も前のイタリアの木彫りの天井やら、スペインの教会に使われていた教会の長椅子をパネルに利用していたり、何百年も前の巨大なタペストリーが壁一面を覆っていたり。。。 古いヨーロッパのお城の中のようです。

そして、Casa Grande の中を見学した後は、Roman Pool と呼ばれる室内プールを見学。

青いモザイクタイルが、とてもきれいです。

この後、またバスに乗ってビジターセンターまで戻って、ツアーは終わり。 約1時間45分のツアーです。

確かに歴史的に価値があるものが満載で、すごいんですが、美しいかと聞かれると、う~ん。。。返事に困るなあ、って感じ(笑)。 ひとつひとつの物は美しいんですけどね。。。

しかし、いったいどれだけお金があったらこんな凄いものを作ろうと思えるんでしょうかね。。。 なんかちょっとマイケルジャクソンのネバーランドのようだな、なんて思っちゃいました。

→ Hearst Castle (California State Park) のウェブサイトはこちら

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました