カカドゥ国立公園

ダーウィンから2泊3日で、カカドゥ国立公園、ニトミルク国立公園、リッチフィールド国立公園という3つの国立公園を周ってきました。
まず最初に訪れたのはカカドゥ国立公園 (Kakadu National Park)。
ダーウィンからカカドゥ国立公園のパークヘッドクォーターのあるJabiru まで約250km。 きちんと舗装された道が続く約2時間半の快適なドライブです。
途中の道端には、ノーザンテリトリーではあちこちでみられる、巨大な蟻塚があちこちに見られます。

カカドゥ国立公園で、まず最初に訪れたのがノーランジー (Nourlangie) と呼ばれる岩山のエリア。

簡単なウォーキングトレイルを歩いて、見晴らしの良い高台に上ることができます。

この高台に上るウォーキングも景色が良くて楽しいのですが、ノーランジーの見所は、何といっても、アボリジニ・アート。
岩山の裾の部分に描かれた古代のアボリジニの壁画が残っているんですよ。






ウォーキングレイルや階段がちゃんと整備されているので、歩きながらこれらの壁画を観て周れるようになっています。
とっても感激しました。
そして、その後訪れたのが、イエローウォーター (Yellow Water) と呼ばれる湿地帯。

こちらは、ボートクルーズのツアーも出ているのですが、私たちが行ったときは時間が合わなかったので、ボートには乗らずにボードウォークを散歩しただけになってしまいました。

カカドゥ国立公園には、水場という水場には黄色い “Crocodile DANGER (ワニ 危険)” のサインが立っているので、ボートに乗ったらワニを見られたかな?と思うと、ちょっと残念。
このイエローウォーターは、早朝と夕方の景色は特に素晴らしいそうです。(私たちが訪れたのは、真昼間でした。)
カカドゥ国立公園は総面積が約2万平方キロの広大な国立公園。 各々の見所がかなり離れていたり、4WDの車じゃないとアクセスできないところがあったりと、ちょっと観光しづらいのが残念なところ。
私たちは普通の車だったので行けなかったのですが、Jim Jim Falls という滝も素晴らしいんだそうです。
カカドゥ国立公園に1泊した後は、ニトミルク国立公園のあるキャサリンへと向かいました。 カカドゥ国立公園からキャサリンまでは約300kmの道程。 ニトミルク国立公園ではボートクルーズを絶対逃したくなかったので、ひたすら車を飛ばしましたが、こちらもきちんと舗装された道で快適なドライブでした。

スポンサーリンク
Adsense Large Rectangle