バレー・オブ・ファイヤー州立公園

2014年11月 アメリカ合衆国 ネバダ~ユタ~アリゾナ州 [2]

今日は、いよいよラスベガスを脱出。 レンタカーでユタ州南部へ移動です。

ラスベガスからユタ州へと向かう途中で立ち寄ったのが、バレー・オブ・ファイヤー (Valley of Fire) というネバダ州の州立公園です。

20141109-1

州立公園内に入って少し車を走らせると、バレー・オブ・ファイヤー(火の谷)という名の通り、真っ赤な岩山が現れます。

20141109-2

砂漠地帯のあちこちに、不思議な形をした真っ赤な岩山がボコボコと立っていて、本当に美しい景色です。

20141109-3

車でドライブするだけでも楽しいですが、車を停めて、赤い岩山の間を歩くのも楽しい☆

20141109-4

こんな太古の彫刻が残されている岩もあるんですよ。

20141109-5

なんと、4000年以上も前の彫刻なんだそうです。

バレー・オブ・ファイヤー州立公園は、西から東(もしくは東から西)に車で通り抜けながら観光することができるのですが、公園の中程にあるビジターセンターから北へと伸びる道 (White Domes Road) を入っていくと、また少し趣の違った景色が広がっています。

20141109-6

この北へ伸びる道の中程まで来ると、それまで赤一色だった岩の色が、何色ものグラデーションに変わってくるんです。

ここから、一番奥の White Domes までは、様々な色の岩が組合わさった、美しい景色が広がっています。

20141109-7

20141109-8

西ー東に伸びる Valley of Fire Road 沿いの真っ赤な岩山が続く景色も美しいですが、このWhite Domes Road の様々な色がグラデーションになった岩々の景色も美しいので、ここまでやって来たら、絶対両方の景色を見るべきです。

バレー・オブ・ファイヤー州立公園は、ラスベガスから車で約1時間。

公園内のドライブルートもきちんと舗装されているし、ウォーキングトラック、キャンプサイト、ピクニックエリア、などもあちこちに設置されていて、この美しい大自然を誰でも楽しめるようになっています。(入園料は2014年11月現在、乗用車1台につき$10です。)

→ バレー・オブ・ファイヤー州立公園のウェブサイトはこちら

国立公園ではないからか、知名度は低いのですが、日本では見ることができない素晴らしい景色が楽しめる場所です。 ラスベガスまでやってきたら、是非とも、ここまで足を伸ばして欲しいな〜と思います。

私たちはラスベガスからユタ州へと移動する途中に寄りましたが、ラスベガスからの日帰り観光のスポットとしてもお勧めです。

ラスベガスからは、バレー・オブ・ファイヤー州立公園を訪れるツアーもたくさん出ていますよ。

→ ラスベガスからバレー・オブ・ファイヤー州立公園を訪れるツアーはこちら

さて、今日は、このバレー・オブ・ファイヤー州立公園を観光した後、ユタ州南西部のセントジョージ (St George) までやってきました。セントジョージは、何てことはない普通の町ですが、お手頃な値段の宿泊施設がたくさんあるので、この町で1泊。

この後、10日間ほどかけて、ユタ州南部〜アリゾナ州北部の国立公園やモニュメントなどを回りながら、アリゾナ州のスコッツデール (Scottsdale) まで移動していく予定です。

20141109-9

スポンサーリンク
Adsense Large Rectangle