ニューカレドニア ヌメアについて

ニューカレドニア

ニューカレドニアは、オーストラリアからとっても近いリゾート地。

そして、日本から直行便が飛んでいるからか、「天国に一番近い島」で有名になったからか、日本からの観光客もたくさん訪れる場所。(ちなみに、天国に一番近い島は、ニューカレドニア本島ではなくて、ウベア島というニューカレドニアの離島です。)

ということで、私のブログに訪れてくださる方でニューカレドニアに興味がある人が結構多いんじゃないかな?と思うので、ニューカレドニアとヌメアについて感じたことを少し書いておきたいと思います。

ヌメア (Noumea) は、ニューカレドニア本島の南西部に突き出した半島にあるニューカレドニアの首都です。

今回私達が滞在したのは、ヌメア南部のアンスバタ (Anse Vata) というエリア。

アンスバタ湾はヌメア近辺では一番綺麗なビーチかな、と思います。

アンスバタ湾は砂浜の奥行きが狭いので、ビーチ(砂浜)という点では、オーストラリアのビーチのほうが綺麗だな~、と思うのですが、やはり珊瑚礁の海は色が美しいですね。

私達が泊まったのは、このアンスバタ湾の南端にある Chateau Royal Beach Resort というホテル。

ホテルの目の前にはビーチが広がっていて、遠くにはカナール島が見えます。

キッチン付のコンドミニアムスタイルのホテルだったので、お部屋も広く、ゆったりと快適に過ごせました。

→ Chateau Royal Beach Resort

ニューカレドニア旅行を計画していた時に、離島も含め、ニューカレドニアの宿泊施設を色々と調べていて感じたのですが、ニューカレドニアの宿泊施設は、アジアのビーチリゾート(例えばプーケットとかバリ島とか)に比べると、ゴージャスさに欠けます。なので、ニューカレドニアは、ゴージャスなリゾートで優雅にのんびり過ごしたい、という人にはあまり向かないような気がします。

どちらかというと、ニューカレドニアは、ただひたすら美しい海が見たい、とか、シュノーケリングをしたりドライブしたり色々とアクティブに楽しみたい、という人に向いたデスティネーションだと思います。(ただし、ひたすら美しい海が見ていたいという人はヌメアじゃなくて離島に行くべき。)

また、ネットで検索していると、日本のガイドブックには、ヌメアのことを「プチパリ」という表現で書かれていたりするようなんですが、「プチフランス」ならまだしも、「プチパリ」っていうのはかなりの誇大広告のような。。。(笑)

「プチパリ」という言葉から、ヨーロッパの街並みのイメージを抱いて来ると、がっかりするんじゃないかな~と思います。

ただ、確かに、南太平洋のこんなに小さな島国にしては、ヌメアの人たち(特にフランス系の人たち)はお洒落な人が多いです。 地元で人気のレストランに食事に行った際には、とても南の島とは思えないような(失礼!)センスの良いマダムたちがランチを楽しんでました。

ヌメアで、最もフランスらしさを感じたのは、食べ物。

ヌメアのスーパーマーケットは、品揃えが素晴らしくて、楽しいです。 流石フランス領だけあって、チーズやハム・サラミの種類がものすご~く豊富! 鴨肉やフォアグラ、テリーヌやパテなどもスーパーマーケットで普通に売ってます。

こちらは、ある日の昼食(自炊といっても、買ってきたものを切って盛り付けただけ!)


チーズとサラミに、トマトとハーツオブパーム(椰子の芯)のサラダ。

そして、食料品といえば、ヌメアのマルシェ(市場)が欠かせません。

スーパーマーケットで何でも揃うのですが、野菜・果物・魚介類に関しては、マルシェのほうが、断然、種類が豊富で、新鮮で、安い。

こちらはマルシェで買った海老。

ニューカレドニアの海老は、こんな風に青くて透き通ってるんです。(もちろん火を通すと赤くなりますよ。)私、今まで知らなかったんですけど、このニューカレドニアの青っぽい海老は、日本では「天使の海老」という呼び名で有名なんだそうですね。

小ぶりの海老ですが、14尾で700円ぐらいだったかな。 フライパンでさっと炒めて食べたのですが、ぷりっぷりで、甘くて、と~っても美味しい海老でした☆

そして、ニューカレドニアはフランス領なので、当然、パンも美味しいです。 特にクロワッサンがとても美味しかったなあ~。

ちなみに、滞在中、外食をしたのは2回だけ。 フランス料理らしく盛り付けも凝ったものが多く、こういう南の島のリゾート地にしては美味しいな、と思いましたが、外食費はめっちゃ高い! オーストラリアよりも高いです!!

ま、物価は全般的に高いので、スーパーマーケットで買う食材も高いんですが、それでもやっぱり自炊のほうが安上がり。 それに、食材の品揃えがとても豊富なので、自炊するのも楽しいし!  キッチン付の宿泊施設に泊まって、大正解でした☆

ヌメアで、とても気に入ったのが、ヌメアのある半島の東側にあるサントマリー湾に面したエリア。

アンスバタから半島の南端をぐるっと回って、サントマリー湾の海沿いを、サイクリング&遊歩道がずっと続いています。

穏やかなサントマリー湾とその向こうに見える山々の景色がとても美しい。

サントマリー湾側には、お店やホテルもなく、とても静かで、ヌメアの繁華街やアンスバタビーチのある西側とはまったく違った雰囲気です。

結局、今回のニューカレドニア旅行では、イルデパンやウベア島といった離島に行くことはできませんでしたが、南部の山岳地帯をドライブしたり、カナール島でシュノーケリングしたり、ヌメア周辺を散策したり、ビーチでのんびりしたり、と、楽しく過ごすことが出来ました。

ただ、帰りの飛行機の窓から、眼下に広がる美しい珊瑚礁の島々を見た時には、やっぱり離島にも行くべきだったかなあ~なんて思いましたが。。。

う~ん、小型飛行機が苦手な私は、どうも離島って、足踏みしちゃうんですよね。。。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました