シドニーからパームビーチへ

ニューサウスウェールズ州

シドニーを訪れる時は、いつもあまり時間がなくて、シティ近辺をぶらぶらして終わってしまうことが多いのですが、今回は、久しぶりにゆっくり。 シティ近辺だけではなくて、ちょっと郊外まで足を伸ばしてきました。

シドニーに到着した翌日、向かったのは、シドニーの北にある、パームビーチ(Palm Beach)というところ。

シドニーの北の海沿いは、ノーザンビーチ(Northern Beaches)と呼ばれ、いくつもの美しいビーチが点在しています。

今回訪れたパームビーチは、このノーザンビーチの一番北に位置するビーチで、シドニーの中心地からは40キロほど離れています。

最初はシドニーからレンタカーで訪れようかと思っていたのですが、調べてみると、パームビーチ行きのバスがあることが判明。 シドニーのシティではレンタカーは必要ないし、パームビーチには2泊しかしないので、バスを利用して訪れることにしました。

びっくりしたのが、バス料金。1時間半も乗るのに、片道$4.60 という驚きの安さ!

バスだと、運転に気をとられない分、途中の景色も楽しめる余裕があるし、土地勘のないところを運転する緊張感はないので、気分的にはとっても楽ちん。 でも、パームビーチに着いてからは車があったほうが便利だったな、と思いました。まあ今回は2泊だけだったし、バスを利用して良かったと思います。

パームビーチの町は細長~く伸びた半島に位置していて、町の東側には太平洋が、西側にはピットウォーターと呼ばれる湾が広がっています。

太平洋に面した広くて美しいパームビーチ

 

町の西側に広がる穏やかなピットウォーター

 

2つの対照的な海の景色が楽しめるという点が、私の住むモーニントン半島に似ていますね。

 

私たちが宿泊したのは、ピットウォーターに面した Barrenjoey House というゲストハウス。

レストランの上に宿泊施設がくっついた、日本語でいうところの「旅籠」です。

シドニーからのバス停も目の前だし、ピットウォーターを渡るフェリーの桟橋も目の前なので、とても便利。 決して、ゴージャスなアコモデーションではありませんが、お部屋の内装も可愛らしいし、ここに泊まって正解でした。

さて、パームビーチの町は、驚くほどに静かで、自然以外はなーんもないところなんですが、1か所だけ、行列ができるほど人気のお店があるんです。

The Boathouse という、ピットウォーターに面した、とっても素敵なカフェ。

ピットウォーターの景色を見ながら、デッキでランチ。

ジャガイモとリコッタチーズとグリーンピーのトルテリーニ。 上に散らしてある蕎麦の実が香ばしくてとっても美味しかった!

お料理も美味しくて、値段もそこそこ手頃。 人気の理由が良く分かります。

シドニーからもそう遠くないし、日帰りでここまでランチにやってくる人も多いようです。

パームビーチ初日は、このカフェでランチをとって、パームビーチを散策した程度で終わってしまったわけですが、翌日は、朝から夕方まで、パームビーチ周辺の自然を思う存分満喫。

続きはまた明日のブログで。。。

 

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました