古い街並みが残る田舎町 メアリーバラ

クイーンズランド州のハービーベイに向かう途中、メアリーバラ (Maryborough) という町に立ち寄りました。

ハービーベイの30キロほど南にある小さな田舎町なのですが、この町には、歴史的な建物が驚くほどたくさん並んでいるんです。

歴史的な街並みが残る町の中心部は、メアリー川という川に面していて、川沿いには、クイーンズパークという19世紀に造られた庭園が広がっています。

造園当時に植えられたと言われる巨大なバニヤンツリーや、珍しいソーセージの木が植わっていて、とても美しい庭園です。

巨大なバンヤンツリー
ソーセージのような形の実がぶら下がるソーセージの木

クイーンズパークから見渡すメアリー川もとても美しく。。。

何気なく立ち寄った田舎町が、とても魅力的な町だったので、びっくり!

メアリーバラは、メアリー川に面した港町として、1847年に築かれました。その後、近隣の町で金や石炭の鉱山が発見され、それらの町とメアリーバラを繋ぐ鉄道が建設され、メアリーバラは港町として大変栄えたんだそうです。ところが、20世紀に入ると、港としての機能は、次第に、ハービーベイのウランガン、そして、バンダーバーグへと移り、メアリーバラの港は1963年に完全に閉鎖されました。

そのため、メアリーバラには、まるで19世紀にタイムスリップしたかのような街並みが残っているんですね。

ところで。。。 メアリーバラの町を歩いていると、メアリー・ポピンズの銅像やらキャラクターグッズやらをあちこちで見かけます。

というのも、メアリーバラは、メアリー・ポピンズ (Mary Poppins) の原作者パメラ・トラバースが生まれた町なんですよ。

パメラ・トラバースの生家

なんと、信号まで、メアリー・ポピンズ!!

メアリーバラは、この町に宿泊するほどの見どころはないけれど、とても美しい町。ハービーベイ方面に行くことがあったら、ドライブ途中の休憩がてら、立ち寄ってみるといいですよ。

スポンサーリンク
Adsense Large Rectangle
コピーはできません。