隠れ里での極上ランチ @ Leonards Mill

南オーストラリア州のフルリオ半島を南下して、セカンドバレー (Second Valley) というところにやってきました。
このセカンドバレー、昨日のブログにも書いたとおり、山間の隠れ里みたいな雰囲気のする、な~んもないところなんですけど、こんな場所に、こんなステキなレストランがあるんです。

Leonards Mill という、古~い石造りの建物のレストラン
美味しいものには目がない私たち、旅行に出かける際には、レストラン情報を必ずチェックするのですが、オーストラリア国内を旅行する際に、私が最も頼りにするのは、The Australian (オーストラリアの全国紙) の毎週土曜日に掲載される John Lethlean のレストランレビューです。 
食に関しては、人それぞれ好みがあるので、有名な料理評論家が美味しいと太鼓判を押したからといって、必ずしもそのレストランが自分の嗜好に合うとは限らないのですが、John Lethlean のレストランレビューに関しては、私の食の好みと似ているのか、大体において、納得がいくことが多いんです。
ということで、今回フルリオ半島を訪れることに決めた時に、彼のレビューをぐぐったところ、こちらのレストランがヒット。 今年の1月という至近のレビューで、とても良い内容のレビューだったので、こちらで食事をすることに決めたというわけです。
さて、前置きが長くなりましたが。。。
こちらのレストランには、”Simpler Fare” と “Taste of the Fleurieu” という2種類のダイニングオプションがあります。 ”Simpler Fare” のほうは、その名の通り、シンプルなお料理がメニューに並んでいます。 一方、“Taste of the Fleurieu”のほうは、洗練されたファインダイニングで、前菜・メイン・デザートから好きなものを組み合わせて、2コースで $65、3コースで $80、もしくはThe Tastingという$125のデガステーションを選ぶこともできます。
私達が選んだのは、Taste of the Fleurieu — デガステーションではなくて、前菜4種・メイン4種・デザート4種、の中から自分の好きなものを組み合わせるコースのほうです。
こちらは、まず最初に出てくる、パンとおつまみ。

そして、お料理はこんな感じです。
こちらは前菜
Smoked kingfish sashimi, chargrilled octopus, dashi pearls, daikon and yuzu
Boer goat in brik pastry, date, smoked yoghurt, bulgur wheat salad
こちらはメイン
Beef onglet, horseradish buttermilk, summer pea & pumpernickel
Cape Malay market fish, cauliflower, dried scallop and grape
色々と食べてみたいので、2人それぞれ違ったものを頼んだのですがで、私が特に気に入ったのは、前菜のキングフィッシュと、メインのお魚。
前菜のキングフィッシュは、”smoked” といっても、熱をかけてスモークしてあるわけではなく、スモークマシンの煙でスモークの香りをつけているので、キングフィッシュはまったく火が通っていないお刺身です。 
サイドに添えてある “dashi pearls” っていうのは、出汁で煮たタピオカを冷たく冷やしてリボン状に薄くスライスした大根で巻いたもの。(大根はたしか甘酢でマリネしてあったと思います。)
味だけじゃなくて、様々な食感や香りが一体となって、めっちゃうま!! これ、ホントにホントに美味しかった☆
メインのお魚(何のお魚だったか、もう1ヶ月以上も前のことなので忘れちゃいました。。。)は、ちょっとインド風の味付け。 こちらのほうも、カレーリーフの香ばしい香りと、コリコリしたカリフラワーの食感がアクセントになっていて、とっても美味しかったです。
そして、私は最後にデザートを追加して3コースにしました。
Hibiscus and rose essence, watermelon and strawberry sorbet
果物とソルベの組み合わせなので、一見シンプルに見えるかもしれませんが、むちっとした食感のターキッシュデライトのようなものや、シャリシャリしたハニー味のメレンゲのようなものが散らしてあったりして、美味しくて楽しいデザートでした☆
。。。と、私たちが頼んだ “Taste of the Fleurieu” はこんな感じだったのですが、周りのお客さんを見てみると、意外と ”Simple Fare” のメニューから注文している人たちも多かったのです。
他のお客さんが食べている Simple Fare のお料理を見てみると、ドーンとボリュームがあるシンプルな感じのお料理だったので、遠路はるばるここまで食事にやってきたのであれば、絶対に Taste of the Fleurieu のメニューのほうがオススメです。
こちらのレストランのシェフの方は、以前、ビクトリア州の Lake House (Daylesford にある有名なレストラン) でスーシェフをされていた方なんだそうです。
このシェフのお料理は、上にも書いたとおり、食材の食感や香りの組み合わせが素晴らしいです。 めっちゃ気に入りました☆
ちなみに、Leonards Mill のあるセカンドバレーは、アデレードから車で1時間半(約90キロ)なので、アデレードに住んでいる人なら日帰りランチも可能な距離ですが、実は、Leonards Mill には、宿泊施設もあるんですよ。
私たちは、この翌日、セカンドバレーの南にあるケープジャービスからフェリーでカンガルー島へ渡る予定だったので、Leonards Mill の宿泊施設に泊まってもいいかな、と思ったのですが、残念ながら既に一杯で泊まることができなかったんですけどね。。。
この日は、マクラーレンヴェールからのドライブも景色が素晴らしかったし、この Leonards Mill での食事もと~っても美味しかったし、大満足!!の楽しい一日となりました。

スポンサーリンク
Adsense Large Rectangle