サルデーニャ島のアグリツーリズモでディナー☆

サルデーニャ島に滞在中、カンニジョーネの町外れにある La Colti というアグリツーリズモまで夕食に出かけました☆

2015-07-03-1

アグリツーリズモというのは、農場が経営している宿泊施設のこと。 ま、オーストラリアでいうところの、ファームステイみたいなもんです。

こちらの La Colti も、多分B&Bみたいな感じの宿泊施設もあると思うのですが、夜は、レストランもやっているんです。

2015-07-03-2

2015-07-03-3

2015-07-03-4

宿泊していたホテルから予約を入れてもらっていたのですが、席に着くやいなや、次から次へと、エンドレスでアンティパストが出てきます。

2015-07-03-5

2015-07-03-6

テーブルの上には、クリーンラベルの(ラベルのついていない)赤ワインのボトルも置いてあって、どうやら勝手に飲んでいいみたい。 (白ワインのチョイスはないみたいです。笑)

なかなか飲みやすい赤ワインで、白ワイン党の私も美味しく飲むことができました☆

野菜が中心のアンティパストが出てきた後は、スープ、そしてニョッキやクネル風などの炭水化物系のものが続きます。

2015-07-03-7

2015-07-03-8

そして、その後は、お肉のメイン。

2015-07-03-9

右側のお肉は、仔豚の丸焼き。コルクの木の樹皮を使ったお皿に載って出てきます。

ちなみに、この仔豚の丸焼きは、目の前で、こんな風に焼いてるんですよ~。

2015-07-03-10

ま、スペインで食べた仔豚の丸焼きの美味しさには敵わないけどね。 でも、こんな風に、目の前で炭火で焼いてくれると、盛り上がるじゃないですか!!

デザートには、フルーツと共に、セアダスというサルデーニャのお菓子も出てきました。

2015-07-03-11

セアダスというのは、パイのような生地にペコリーノチーズが入ったサルデーニャの伝統的な揚げ菓子です。 これ、美味しいんだけど、食事の後に出てくるには、ちょっと重いなあ~。

そして、最後は、ミルト(サルデーニャのリキュール)とグラッパも出てきます。 それも、ボトルごと出てきて、勝手に好きなだけ飲んでくださいという太っ腹!!

ワインも、ミルトも、グラッパも、たぶん自家製なんじゃないかな?

ちなみに、この La Colti でのディナーは、ワインも、ミルトも、グラッパも全て込みで、1人35ユーロ。

食事のほうは、量があまりにも多すぎて、かなりたくさん残しちゃったし、味のほうも、それほど特別美味しいという訳ではないのですが、サルデーニャの田舎のファームハウスの雰囲気が満喫できて、とても楽しい夜になりました☆

veltra banner

→ サルデーニャ島の現地ツアーを調べる

スポンサーリンク
Adsense Large Rectangle
Adsense Large Rectangle
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す