ペルーの首都 リマ

マイアミから飛行機で南下して、南アメリカのペルーに来ています。 マイアミからペルーの首都リマまでは、約5時間のフライトです。

私が住むオーストラリアからペルーを訪れる場合は、チリ経由で南から入る(オーストラリア⇔チリ間は直行便があります)のが一番近道だと思うのですが、私たちの場合、

● チリには以前訪れたことがある
● アメリカ合衆国にも寄りたい。。。(夫)
● 日本にも寄りたい。。。(私)

という理由から、今回は日本とアメリカを経由してペルーに入りました。

ちなみに、オーストラリアから日本経由でアメリカ合衆国に入るJALの格安チケットは、カンタスのアメリカ行き直行便よりも安くて日本でのストップオーバーも可能なので、アメリカへ行くときは大体いつもこのチケットを使ってます。 日本での同日乗継が不可能な往路は、JALが成田のホテルを無料で手配してくれるので、往路は成田で1泊、帰路に日本でゆっくり滞在をすることにしてます。

さて、ペルーの首都リマ (Lima) では、ミラフローレス (Miraflores) というエリアに宿泊しました。

リマというと治安が悪いことで有名ですが、このミラフローレスという海辺のエリアは治安も良く、大手のホテルは殆どこのエリアに集中しています。

リマには2泊したので、日程的には旧市街を観光することも可能だったのですが、ミラフローレスからは少し離れているし、治安面でもちょっと心配だったので、結局旧市街には行かずにミラフローレスの周辺でのんびりと過ごしました。

Photo by David Baggins – CC BY-SA 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=63260256

ミラフローレスの海沿いのエリアは、高い崖の上に綺麗に整備された公園がずっと続いています。

崖の下には一応ビーチらしきものも広がっているのですが、砂の色が黒っぽいので、残念ながらあまり魅力的な景観ではありません。。。

街並みのほうも、所々に、古い教会があったり、スペイン風の木の窓枠や鉄細工が素敵な邸宅があったりはするのですが、基本的には近代的で味気ない建物が殆ど。。。

と、リマのミラフローレスは、街並みとしてはそれほど魅力的な所ではなかったのですが、宿泊した JW Marriott は、めっちゃ快適で素敵なホテルでした。

→ JW Marriott Hotel Lima

ホテルの目の前にはショッピングセンターがあって、レストランやショップがたくさん入っていて便利です。特に、アルパカ製品のお店を見て回るのが楽しかったです!

そして、リマでは、ホテルのコンシェルジュで教えてもらったレストランでの食事がものすご~く美味しかったのです☆

リマで食べた美味しいペルー料理については、また明日のブログで!

スポンサーリンク
Adsense Large Rectangle

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Adsense Large Rectangle
コピーはできません。