リースリングの里 クレアバレー

サウスオーストラリア州

アデレードからフリンダース山脈に向かう途中、クレアバレー (Clare Valley) というエリアに1泊しました。

アデレードからクレアバレーの入口にあたるオーバーン (Auburn) までは約110km。 それまでずっと小麦とカノーラとソラマメの畑の景色が続いていたのに、オーバーンの町を過ぎた辺りから道の両側にはブドウ畑やワイナリーが続きます。

クレアバレーは古くからブドウの栽培やワインの製造が行われていたところで、石造りの古いファームハウスやコテージもあちこちに残っていて、とても風情があります。

特に、メインの道から10kmほど入ったところにあるミンタロ(Mintaro)は、石造りの古い建物ばかりが集まったとても可愛らしい村でした。

クレアバレーは、特にリースリングのワインが有名なところ。 2軒ほどワイナリーを訪れて、旅行中に飲むためのワインを仕入れましたよ☆

Skillogalee Wines, Sevenhill

今回の目的地であるフリンダース山脈は、アデレードから450kmも離れているので、途中で1泊する場合は、クレアバレー、おすすめです。

→ クレアバレーの宿泊施設を探す

++++++++++++++++++++++++++++++
クレアに1泊した翌日、クレアの北東40km ほどのところにあるバーラ (Burra) という町に立ち寄ってみました。

バーラは、19世紀後半に、銅鉱石の採掘で栄えた町。 町には石造りの古い建物が並び、町のすぐ裏手には銅鉱山の跡地が残っていて見学できるようになっています。

クレアバレーからそんなに遠くないのですが、この辺りまで来るとブドウ畑は見当たらず、緑の牧草地が見渡す限り広がっています。

長閑で景色の美しいところでした☆

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました