サンマリノ共和国

ボローニャに到着した翌日、日帰りでサンマリノ共和国 (San Marino) まで観光に出かけました。
サンマリノ共和国は、イタリアの北東部のティターノ山 (Monte Titano) という標高739メートルの山の頂上にある、小さな小さな国。 周りをイタリアに囲まれてますが、れっきとした独立国です。 ウィキペディアによると、世界で5番目に小さな国なんだそう。
私たちが宿泊していたボローニャからは、リミニ (Rimini) というアドリア海に面した町まで電車で約1時間。 その後、リミニ駅前から出ているサンマリノ行のバスで50分。サンマリノ行のバスは、観光バスのような大きくて快適なバス。 車窓からの景色も美しく、50分のバスの旅も苦になりません。
サンマリノのバス停に到着して、頑丈な岩の壁に囲まれた旧市街の中に入ると、そこには中世から抜け出してきたような街並みが広がっています。

高い山の上にあるので、街のあちこちにある石造りのテラスからは、周りの景色が一望できます。

遠くには、アドリア海も見えます。

石畳の細い坂道を上へ上へと昇っていくと、城砦に到着。
サンマリノ共和国には、3つの城砦があるのですが、こちらは、第一の砦グアイタ (Guaita)。

グアイタの高い塔の頂上まで登ると。。。

向こうには、第二の砦チェスタ (Cesta) が見えます。 美しい~!!
ここまで坂道や階段が続いて、ちょっと辛そうだった母も、この景色を見ると、一気に元気が出た様子☆
ここから、少し歩くと、ティターノ山の最高点にある第二の砦チェスタに到着。

ここからは、先ほど登った第一の砦グアイタが見渡せます。

なんだか、ディズニー映画に出てくるお城みたい☆ 素晴らしい~!!
第二の砦チェスタの更に先にはモンターレ (Montale)という第三の砦もあったのですが、第三の砦はとても小さな砦のようだったので、この先には行かずに、ここで引き返しました。
この日、サンマリノに来ることにしたのは、日曜日だったから。
イタリアはカソリックの国なので、日曜日はお店なども閉まっているところが多いのですが、サンマリノは観光で成り立っている国なので、日曜日でも大丈夫かな~と思って、訪れてみました。
やはり観光地だけあって、お店やレストランなども普通に営業していたし、お天気も良くて景色も楽しめたので、この日にサンマリノを訪れたのは大正解でした。
観光地にありがちな安っぽいお土産物屋なども意外と少なくて、サンマリノはなかなか良いところでした☆
ここに宿泊するほど多くの見どころはないけど、景色がとても素晴らしいので、お天気の良い日の日帰り観光にはお勧めの場所です。

スポンサーリンク
Adsense Large Rectangle