アオスタの谷

えーっと、実は、5月のヨーロッパ旅行記がまだ終わってなかったのです。
気が付いてみると、あれからもう1ヶ月。。。 さっさと書かないと忘れちゃうぞ!ってな訳で、今日から数日間、ヨーロッパ旅行記に逆戻りさせてくださいね。
今回のヨーロッパ旅行では、スペインの後にイタリア北部にも1週間ほど滞在しました。
スペインのマドリードからイタリアのミラノに飛行機で到着した後、向かった先はアオスタの谷 (Valle d’Aosta)。

アオスタの谷は、イタリアの北西の端にあるエリアで、その北側はスイス、西側はフランスとの国境に面しています。
スイスとの国境にはマッターホルン (イタリア語ではチェルヴィーノ)、フランスとの国境にはモンブラン (イタリア語ではモンテ・ビアンコ) が聳え立っているんですよ。 
雪山の景色が大好きな私がとっても楽しみにしていた場所です。
(オーストラリアには標高の高い山ってあんまりないからね。。。)
滞在したのは、アオスタ州の州都 アオスタ (Aosta)

アルプス山脈の南側という場所柄、アルプスのシャレー風の建物が多いのかなと思っていたのですが、アオスタの旧市街は中世の雰囲気を残した町。 

アオスタ州の公用語はイタリア語とフランス語。 
旧市街には、雰囲気のいい小さなレストランもたくさんあって、お料理もイタリア料理というよりはフランスのビストロ風のお料理が多かったように思います。
ローマ時代の古い遺跡なども残ってたりして、小さいながら、なかなか魅力的な町でしたが、やはり、ここの主役は、周りの山々。

アオスタの町からは南側にあるピラ山までケーブルカーで登ることができて、そこからはモンブラン、グランパラディーゾ、マッターホルン、モンテローザといった山々を一望できると聞いていたので、楽しみにしていたのですが、なんと5月はケーブルカーは運休。。。 スキーシーズンと夏山シーズンの合間ですからね。。。 
そんな訳で、アオスタに着いた初日は、アオスタの町から歩けるウォーキングトラックを歩いたりしたのですが、やっぱりピラ山まで登りたかったなあ~。 
そして、翌日は、アオスタからローカルバスに乗って、クールマイヨール (Courmayeur) へ。
(Valle d’Aosta official tourism website よりお借りしました)
クールマイヨールは、フランスとの国境に聳え立つモンブランのイタリア側の麓にある町。 
町の背後にはモンブランが見えるはずが。。。

曇ってて、モンブランが全然見えないっ!
本当ならこういう景色がみえるはずなのに!!
(Valle d’Aosta official tourism website よりお借りしました)
この日は本当に天気が悪くて、雨が降ったり止んだり。 結局クールマイヨールの町をちょっと散策して、アオスタの町に戻ってきました。
アオスタ~クールマイヨール間は、路線バスで約1時間。 アオスタからクールマイヨールまで、ずっと山深いアオスタの谷を通って行きます。 
山の景色も美しく、あちこちに古いお城があったり、山奥の小さな村を通ったり。。。 このバスからの景色がそれはそれは素晴らしかったので、モンブランは見えなかったけどクールマイヨールまで足を伸ばしてよかったです。
クールマイヨールからはモンブランを越えてフランスのシャモニーに抜けることもできるんですよね。 いつの日か、またそういう旅も楽しそうだな~。

スポンサーリンク
Adsense Large Rectangle

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Adsense Large Rectangle