サルデーニャの美味しい食事

サルデーニャで嬉しかったのが、食事がとっても美味しかったこと。
イタリアはどこに行っても食事が美味しいのですが、サルデーニャはやはり海に囲まれているだけあって、魚介類のメニューが豊富。
そして、ちょっと意外だったのが、典型的なイタリア料理の定番メニューだけではなくて、ちょっと他では見ないような工夫をこらしていたり、盛り付けがとても美しかったり、とイノベーティブなお料理を楽しめるお店が多かったこと。 これは、ひょっとしたら、私の滞在したアルゲーロという町がスペインのカタルーニャ地方の文化を受け継いでいるという背景があるからなのかもしれません。
サルデーニャ滞在中食事をした中で、特に気に入ったのが、Al Tuguri というお店。

アルゲーロの旧市街にあるお店です。
テーブルに着くと、オーナー・シェフの方が ”どんな物が食べたい?”と、英語で相談にのってくれます。
迷いに迷った挙句、オーダーしたのがこちら。
まずは、前菜にお魚のマリネを夫とシェア。

これは、正に私好みの1品で、出てきたとたん顔がにっこりしてしまいました。 盛り付けもお花とか使っていて、美しいでしょー?
左から時計回りで、鯛 (塩でキュアしていたんじゃないかと思います)、マグロ (中トロのように脂の乗ったマグロをレモンか何かでマリネしてバルサミコ酢がかかっていたと思います)、レッド・マレット (小さなピンク色の魚で、ビネガーでマリネして、オレンジの皮の千切りとオレンジの実が添えてありました)です。 めちゃめちゃ美味しかった~。
そして、私のメインは白身魚とトマトとバジルのリングイーネ。

白身魚は、スケート (Skate) という魚で、エイの一種だと思います。 トマトは生のトマトを細かくダイス型に切ってサッと炒めているので、トマトソースではなくて、オイルベースのさっぱり系パスタに仕上がっています。 オリーブオイルはかなり多めに使われていましたが、魚の旨みがしっかり出たオリーブオイルがパスタに絡まって、超おいしい!! トマトやバジルの量も絶妙で、全ての材料のバランスが最高でした。 そして、リングイーネですが、写真でわかるかな~? 片面が白で、もう片面が黒の2層になったリングイネなんですよ! 黒の部分はもちろんイカ墨を練りこんだパスタです。
夫が頼んだのは、シンプルな鯛のグリル。

きれいに、身をはずしてくれているので、骨をうまく取れない夫でも大丈夫(笑)。 こちらも、とっても美味しかったそうです。
そして、最後にデザートは、やはりカタラン地方の文化を受け継いだアルゲーロならではということで、クレマ・カタラーナ。

クレマ・カタラーナは、カタラン地方のデザートで、スペイン風のカスタードプリンです。 こちらは炎が燃えて登場。 美味しかったです。
こちらのお店、お店の雰囲気も良いし、オーナー・シェフの方の感じも良いし、そしてお料理がめちゃめちゃ美味しいし、ものすご~く気に入りました! 正直、今までイタリアで食べた食事の中で一番美味しかったです。
冬の時期には、ウニのパスタもあるみたい。  ここのお店のウニのパスタ、食べてみたいな~。
 

スポンサーリンク
Adsense Large Rectangle