敦煌のおすすめホテル「敦煌山荘」

敦煌では、町の中心から4キロほど離れたところにある「敦煌山荘」というホテルに2泊しました。

壮大な中国風建築なんですが、建物の外壁は土壁を模したようなつくりになっていて、シルクロードらしい異国情緒溢れる外観がとても素敵です。

客室は、パッチワーク風のベッドカバーやクッションが可愛い、民族調のお部屋。

湯沸しポットやミネラルウォーター・お茶やコーヒーなども用意されています。小さな冷蔵庫もありますし、もちろん、エアコンも完備です。シンプルながら、とても居心地の良い客室でした。

敷地内の庭園も美しく手入れされています。

石と柳の庭園が、中国風の建物と良くマッチしていていて、素敵です。

この旅行の手配をしていた時、Booking.comのウェブサイトでこのホテルを見つけて、「絶対ここに泊まりたい!」って思ったんです。

なぜかというと、このホテルからは、砂漠の山(鳴沙山)が見えるんですよ!!

ホテルの屋上は、「摘星閣」というカフェになっていて、砂漠の景色を眺めながら、朝食やドリンク、軽い夕食を楽しむことができるようになっています。

特に、夕暮れ時に茜色に染まった砂漠の景色は、最高にロマンチック!

敦煌の名産品「莫高ワイン」を片手に、夕陽に染まる砂漠を鑑賞するという、シルクロードらしいひと時を楽しむことができました。

ホテルの敷地内には中華料理や敦煌ならではの料理が食べられるレストランも入ってます。敦煌では、ロバの肉を使った麺が有名なのですが、ロバ肉を食べるのはちょっと気がすすまなかったので、私が選んだのは、シルクロードならではの羊肉を使った料理。

ウイグル族などイスラム教徒が数多く暮らすこの地方では、羊肉はポピュラーな食材です。クミンなどのスパイスも効いていて、とても美味しかったです!

敦煌山荘の宿泊料金には空港送迎が含まれているので、あらかじめ到着便の連絡をしておくと、空港の到着ロビーでホテルの人が出迎えてくれています。また、莫高窟のチケットを手配してもらえたり、敦煌の町までの無料シャトルがあったりと、サービス面が非常に充実しているのも嬉しいところです。

敦煌の観光名所「莫高窟」までは、車で約15分。タクシーを使うか、もしくは有料でホテルの送迎車を頼むこともできます。そしてもうひとつの観光名所「鳴沙山」までは1キロほどしか離れていないので、歩いていけちゃいます!

敦煌山荘に泊まったおかげで、シルクロードと敦煌の魅力を満喫することができました。

おすすめのホテルです!!

→ 敦煌山荘

敦煌滞在中には、ホテルのシャトルバスを利用して、沙州市場という、敦煌の町の中心にあるストリートマーケットを訪れました。

敦煌の街並みは、近代的で、観光的にさほど魅力のある町ではありません。でも、沙州市場の通りには、シルクロードならではの羊肉料理の専門店や、数珠やアクセサリーの屋台、ドライフルーツや乾物を売る屋台など、異国情緒溢れるお店がずらりと並んでいるので、せっかく敦煌を訪れたなら、のぞいてみると面白いと思います。

沙州市場は昼間よりも夜のほうが賑わいますので、夕方以降に訪れるのがおすすめです。(ホテルのシャトルバスは、夕方~夜のみ運行しています。)

スポンサーリンク
Adsense Large Rectangle

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Adsense Large Rectangle