フルリオ半島の旅 Victor Harbor & Granite Island

もう3週間近く前のことになるのですが、オーストラリア・デーの連休に、サウスオーストラリア州のフルリオ半島まで出かけてきました。
フルリオ半島 (Fleurieu Peninsula) は、アデレード (Adelaide) の南に伸びる半島。 半島先端の Cape Jervis の沖合いには、観光地としても有名なカンガルー島があるのですが、今回私達が訪れたのは、アデレードから真っ直ぐ南に降りたビクター・ハーバー (Victor Harbor) 周辺と、その途中にあるマクラーレン・ベール (McLaren Vale) のエリアです。

まず最初に向かったのは、ビクター・ハーバーという海辺の町。 アデレードからビクター・ハーバーまでは約80キロ、車で1時間ちょっとの道程です。
ビクター・ハーバー (Victor Harbor) の町は、エンカウンター・ベイ (Encounter Bay) という湾に面しています。 

現在はリゾート地として栄えている町ですが、その昔は港町として、特に19世紀には捕鯨基地として栄えていた町なので、当時を思わせる古い建物もたくさん残っていて、なかなか趣のある町です。 

町のすぐ沖合いには、グラニット島 (Granite Island) という小さな島があり、ビクター・ハーバーの町から橋で繋がっています。

わずか600メートルの橋なので、もちろん歩いて渡れるわけですが、観光客用に馬が引くトラムもあるので、それに乗って渡ることもできます。

このグラニット島は、島全体が自然公園として保護されているのですが、ここには、リトルペンギンという小さなペンギンも生息しているんだそうです。 島にはペンギンセンターという施設もあって、ペンギンを見学したりできるようですが、私たちは朝早く出かけたので、未だ開いていませんでした。
ペンギンの見学はできませんでしたが、グラニット島をぐるっと一周するウォーキングトラックがあったので、歩いてみることに。。。
ビクター・ハーバーの町に面した、島の北側は、とてもなだらかで穏やかな景色なのですが。。。

島の裏側(南側)に出ると、景色が一変!

巨大な岩がいっぱい。

ちょっとカンガルー島に似てますね。
ぐるーっと島を一周して、島の北側に戻ってくると、海も波がなくて、こんなに穏やか。

わずか1.5キロのウォーキングトラックですが、景色も素晴らしく、とても気持ちの良いお散歩コースでした☆
  にほんブログ村 旅行ブログへ

スポンサーリンク
Adsense Large Rectangle

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Adsense Large Rectangle