春のお散歩 @ Bittern Coastal Wetland

モーニントン半島、今日は丸一日青空が広がって、最高に気持ちの良いお天気でした!!

ちょっと長距離の散歩がしたくなって、Bittern Coastal Wetland へ。

Bittern Coastal Wetland は、モーニントン半島の東側ヘイスティングス (Hastings) とクリブポイント(Crib Point) の間に広がるソルトマーシュ(海水の湿地帯)です。

ボードウォーク(木道)が設置されていて、片道4キロほどのウォーキングコースになっています。段差もないので、サイクリングを楽しんでいる人も見かけます。

ここは、秋~冬~春にかけて、私がよく訪れる散歩コース。(夏になると水が少なくなってしまうので、景観がイマイチなのと、沼地なので夏の暑い日にはちょっと臭うんですよね。。。)今日は、ヘイスティングから歩き始めて、Jacks Beach Reserve まで行って、折り返してきました。

往復すると8km強ですが、ずっと平らなボードウォークが続いているので、簡単に歩けちゃいます☆

オーストラリアのネイティブの木というと、ユーカリが有名ですが、この辺りには、ユーカリよりもティーツリーと呼ばれる木がたくさん生えています。

ティーツリーにも色んな種類があるのですが、この湿地帯沿いにたくさん生えているのは、メラルーカと呼ばれる種類のティーツリー。この時期、白い花が満開です。

地味な花なので、普段はあまり気にも留めないのですが、辺り一面満開になると、やっぱり綺麗ですね☆

今日もまたブラックスワン(黒鳥)に遭遇。

2人仲良くお食事中。

そして、この時期は、カエルの鳴き声がものすごいです。 姿は見えないんですけどね。

あ~、最高に気持ち良い春のお散歩でした☆

スポンサーリンク
Adsense Large Rectangle