クレイドルマウンテンの動物たち

昨日のブログにも書きましたが、タスマニアのクレイドルマウンテンは、動物の宝庫。
ここに来れば、必ず、自然の中での動物ウォッチングを楽しむことができます。
クレイドルマウンテンで、まず最初に現れてくれたのが、こちら。

エキドナ(Echidna)という、ハリモグラの一種です。口が細長いくちばしのようになっていて、アリを食べる動物です。
近づくと、身を守るために、こんな風にくるりと丸まってしまいます。

ぷにゅぷにゅとお尻をふって歩く姿が本当に可愛くて、初めてエキドナを見た母たちも大喜び!
そして、Pencil Pine Falls の近くでピクニックをしていた時に出てきたのがこちら。

パディメロン(Pademelon)という動物なのですが、お腹のポーチに赤ちゃんがいるのがわかるかな?
パディメロンは、クレイドルマウンテンでは、いたるところで見かけるのですが、この時期、出会ったパディメロンの殆どが、ポーチから赤ちゃんが顔を出していました。

私が、特に気に入ったのが、このパディメロン。
鬱蒼とした薄暗い森の中で、苔がびっしり生えた丸太の上にたたずんでいたパディメロン。 ヨーダと名づけました。
こちらはワラビー(Wallaby)

ワラビーは、人間を見かけると、必ずといっていいほど、こちらをじっと見て静止してくれるので、写真が撮りやすい!

クレイドルマウンテンは、平地が比較的少ないところなので、ワラビーはたくさんいますが、カンガルーはいないんだそうです。
そして、極めつけは、ウォンバット (Wombat)!!

ウォンバットは、なかなかシャイなようで、人間を見かけると、すたすたと逃げてしまうので(見かけによらず意外と早足です。笑)、なかなかうまく写真がとれなかったのですが、このウォンバットは、周りの人はおかまいなしで、一生懸命草を食べてました。
なんとも面白い間抜けな顔をしてますよねー。
母たちも、可愛い~!!って大はしゃぎでした。
以前クレイドルマウンテンを訪れた時には、親子のウォンバットも見かけたんですよ!!
あー楽しかった!
クレイドルマウンテン、動物好きには、たまらない場所です☆

スポンサーリンク
Adsense Large Rectangle

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Adsense Large Rectangle