タスマニア4泊5日のおすすめルート

母がオーストラリアに滞在中、母と母の友人をタスマニアに連れて行きました。

私はタスマニアが大好き☆

母から、母の友人がタスマニアに行きたがっていると聞いて、よっしゃ!と、タスマニア初心者の母たちのために計画を立てました。

タスマニアには、美しいところが本当にたくさんあるのですが、やっぱりクレイドルマウンテンとフレシネ国立公園には連れて行きたいなあ~、と思って立てた旅程はこんな感じ。

1日目:メルボルンからタスマニア北部のデボンポートまで飛行機で入り、そこから車でクレイドルマウンテン (Cradle Mountain) へ。 クレイドルマウンテン泊

2日目:クレイドルマウンテンから、途中チーズファクトリーやラズベリーファームを経由して、ローンセストン (Launceston) へ。 ローンセストン泊

3日目:ローンセストンからフレシネ国立公園 (Freycinet National Park) へ。 フレシネ国立公園泊

4日目: フレシネ国立公園からホバート (Hobart) へ。 ホバート泊

5日目: ホバートから飛行機でシドニーへ

各地1泊ずつなので、クレイドルマウンテンやフレシネ国立公園を思いっきりトレッキングしたいっていう人には物足りない日程だと思いますが、母たちのような年配の日本人にとっては、サクサクといろんな所を見て回って、それでいて毎日の移動時間もそれ程長くはなかったので、我ながらなかなか良い旅程だったと思います。

クレイドルマウンテン

数日前に雪が降ったそうで、山の上には少し雪が残ってました。

本当に美しいところです☆

宿泊はクレイドルマウンテンロッジ。 以前にもブログに書きましたが、ロッジの敷地内からアクセスできるウォーキングトラックがあったり、滝があったり、クレイドルマウンテンに泊まるなら、ここが絶対お勧めです。

→ クレイドルマウンテンロッジ(Cradle Mountain Lodge)

この時期、ワラタの花がいっぱい咲いていて、とても綺麗でした。

クレイドルマウンテンは、動物の宝庫。 今回もいろんな動物に遭遇しました(→こちら)。

クレイドルマウンテン~ローンセストン

クレイドルマウンテンからローンセストンに向かう途中のエリザベスタウンというところにあるラズベリーファームでは、今までこんなに美味しいラズベリーは食べたことがない!!っていうぐらい、美味しいラズベリーを購入しました☆

もう一箇所、途中で立ち寄ったAshgrove Farmのチーズファクトリーは、いまひとつだったかな。。。

今回は定休日で寄れなかったのですが、クレイドルマウンテンからローンセストンの間のChudleighというところにある、ハニーファームは、色んな花の蜂蜜が味見できて、楽しいですよ☆

ローンセストン

ローンセストンの町の見所は、なんといってもこのカタラクト渓谷 (Cataract Gorge)。

町のすぐ横にこんなに壮大な渓谷があるんですよ。

ローンセストンは小さな町ですが、なかなか趣のある町です。

今回は時間がなくて行きませんでしたが、ローンセストンの北のテイマー川沿いにはワイナリーもたくさんあるので、ワイナリー巡りも楽しいところですよ。

→ ローンセストンの宿泊施設を探す

フレシネ国立公園

タスマニアの東海岸に出っ張ったフレシネ半島にある国立公園。

海と山がと~っても美しいところです。

宿泊したのは、国立公園内にあるフレシネロッジ (Freycinet Lodge)

広い敷地内にあるキャビンに宿泊するのですが、お部屋も広くてモダンで、とっても快適です☆ 一番安い部屋を予約してあったのに、今回はなんとスパ付きの Wineglass Premier Cabin に無料でアップグレードしてもらっちゃいました!!

フレシネは、魚介類も豊富なところ。

ロッジのレストランは大したことないので、近くにあるマリンファームで、お昼は牡蠣とアワビをいただき、夜はロブスターと帆立貝を買ってきて、夕食にしました。(ロブスター、めっちゃ美味しかった!!)

こんな夕陽を見ながらの食事、最高でしょ?


ホバート

とってもお天気が良かったので、ホバートの町の西側に聳え立つ、ウェリントン山 (Mt. Wellington) の頂上までドライブ。

山頂からは、ダーウェント川とホバートの町と入り組んだ湾の景色が一望できて、それはそれは絶景です。

ホバートには、Cascadeのビール工場やCadburyのチョコレート工場、サラマンカ広場、そしてMONA美術館など、見所がたくさんあるのですが、私はやっぱり古くて可愛いコテージが建ち並ぶバッテリーポイント辺りをぶらぶら散策するのが好きです。

→ ホバートの宿泊施設を探す

今回のタスマニア旅行、何といってもラッキーだったのは、5日間、毎日お天気に恵まれたこと。

タスマニアは自然を楽しむ所なので、やっぱり青空が広がると最高ですね!!

2018年追記:この観光ルートは、2018年6月に発売になったガイドブック「素敵でおいしいメルボルン&野生の島タスマニアへ」でもご紹介しています。ガイドブックには、取材に行って見つけた素敵な寄り道スポットや、ツアー情報、ブログでは紹介していない新しいレストランやお店なども載せていますので、是非ご覧になってみてくださいね!

スポンサーリンク
Adsense Large Rectangle