ケープタウンと喜望峰

南アフリカのサファリを満喫した後は、ケープタウン (Cape Town) に4泊しました。

アフリカ大陸の南西部にあるケープタウンは、海と山に囲まれた風光明媚なところで、南アフリカで観光客がもっとも多く訪れる場所だそうです。

ケープタウンの市街地のすぐ後ろには、テーブルマウンテン (Table Mountain) がそびえ立っています。 テーブルマウンテンの頂上付近はテーブルクロスと呼ばれる白い雲で覆われることが多いそうです。

この写真はケープタウンのウォーターフロントから撮ったのですが、この日はとても良いお天気だったので、頂上までしっかり見えています。

ウォーターフロントからは、ネルソン・マンデラが収監されていたロベン島(Robben Island)へのツアーのフェリーも出ているのですが、私たちがロベン島まで行こうかなと思っていた日は天候不良でフェリーがキャンセルになってしまい、残念ながらロベン島には行けずじまいでした。

ウォーターフロントは、レストランやショッピングセンターが集まったとても賑やかな場所ですが、ちょっと趣に欠けるなあというのが正直な感想。なんだかシドニーのダーリングハーバーのショッピングセンターみたいな感じです。

とはいえ、ウォーターフロントのエリアなら夜でも出歩けるし、日曜日でもお店やレストランが開いているので、便利な場所ではあります。

ウォーターフロントから1キロほど離れたところにあるダウンタウンは、カンパニーガーデンズという美しい公園があったり、古い美しい建物が並んでいたりと見所も多いのですが、一部治安の悪いエリアもあるようなので、観光客向けのダブルデッカーバスを利用して見て回りました。 このダブルデッカーバスは一定のルートを周回していて乗り降り自由なので、とても便利でした。

テーブルマウンテンの頂上にはロープウェイで登ることができるのですが、私たちの滞在中は年に1度の定期点検中で動いていませんでした。残念!!

ロープウェイの駅がある山麓までは前述のダブルデッカーバスで行くことができます。


テーブルマウンテンの麓から見たケープタウンの町とテーブル湾

テーブルマウンテンの南側には、カーステンボッシュ植物園(Kirstenbosch Botanical Gardens) があります。 テーブルマウンテンの斜面に作られた植物園で、南アフリカ原産の植物が数多く栽培されています。


美しいプロテアの数々。

広い園内にはウォーキングトレイルが沢山あります。 この日はお天気がいまいちだったので、ちょっと残念。。。

さて、ケープタウンでは、ケープタウンの西側の大西洋に面したシーポイント (Sea Point) というエリアにある Blackheath Lodge というゲストハウスに宿泊しました。

ビクトリア調の美しい建物のゲストハウスで、内装もとってもお洒落で素敵です。 ウォーターフロントまでも1キロぐらいで昼間であれば海沿いをずっと歩いていくことができます。 前述のダブルデッカーバスのバス停も近くにあるので便利も良く、快適に過ごせました。

値段もお手頃だったし、お勧めです!

→ Blackheath Lodge, Cape Town

このシーポイントというエリアから海沿いに南へ向かうと、クリフトンビーチ (Clifton Beach)キャンプスベイ (Camps Bay) といった美しいビーチが広がります。

キャンプスベイの後ろにそびえたつ山々は12使徒(Twelve Apostles) と呼ばれ、テーブルマウンテンの裏側にあたります。

海岸の真後ろにこんな険しい山が連なる景色っていうのは、なかなかないんじゃないでしょうか。 美しいです。 ここからは鯨も2頭見ることができました。

そして、ここから更に南に向かうと、ケープ半島の西側の海沿いにチャップマンズ・ピーク・ドライブ という風光明媚なドライブウェイがあり、喜望峰へと続きます。


チャップマンズ・ピーク・ドライブ(Chapman’s Peak Drive) から見たハウト湾 (Hout Bay)


アフリカ大陸の最南西端 喜望峰 (Cape of Good Hope)

喜望峰は最南端ではなくて、最南西端なんですね。


ケープポイントから見た喜望峰


喜望峰のあるケープ半島の東側にはフォルス湾 (False Bay) が広がります。

フォルス湾沿いには、アフリカンペンギンが見られるボルダーズビーチ (Boulders Beach)、古い建物が並ぶサイモンズタウン (Simon’s Town)、白い砂浜が続くミューゼンバーグ (Muizenburg) など、こちらも美しい景色が楽しめます。 フォルス湾沿いをドライブしていたときにも鯨を何頭も見かけることができました。


白砂と大きな岩が美しいボルダーズビーチ。 なんかオーストラリアの景色みたいです。


ボルダーズビーチのアフリカンペンギン。可愛い!!

他にもケープタウンの近郊にはワイナリーが沢山あるワインランドと呼ばれる地域があったり、見所満載で、あっという間の4泊5日でした。

ケープタウンの気候は、夏は暑くて乾燥していて、冬は寒くて曇りや雨の日が多いそうです。 また、天候が変わりやすく、雨が降っていてもたまに日がさしてきたりします。 なんか、どこかの天気とそっくりだと思いませんか?? そう、メルボルンの気候とそっくりなんです。

今回は冬だったので、やはり曇り空が多く少し残念でした。 それでも、ケープ半島を見て周った日は美しく晴れてくれたのでよかったです。

スポンサーリンク
Adsense Large Rectangle