バチカン市国 再訪


上海からヘルシンキ経由でローマに到着しました。ローマを訪れるのは今回が二回目です。今回はマルタへ行くための拠点としたので、ローマ観光に割ける時間は丸1日だけ。 バチカン市国 を再訪することにしました。

サンピエトロ大聖堂の内部は、それはそれは豪華で、息を呑む美しさです。ミケランジェロやベルニーニの作品など、無宗教の私にとっても、文化・芸術・歴史という観点から非常に興味深く、何度訪れても感動します。 又、カトリック教会のパワーというものを改めて実感、恐怖感さえ感じさせられます。

サンピエトロ大聖堂の地下には歴代ローマ法王のお墓があるのですが、バチカンを訪れたらここも外せません。 お墓そのものよりも、そこを訪れているキリスト教信者の人たちの真剣な様子を見ると、宗教というものが信者の人にとってどれだけ大きな存在であるかということをつくづく感じます。

右上の写真はスイス衛兵です。 征服がかわいいですよね。

今回はサンピエトロ大聖堂のクーポラに登ってみました。 チケットを買うときに、“全部階段”か“途中までエスカレーター”かを選べるのですが、甘く見て階段を選んだら。。。 かなりしんどかったです。特に塔の最上部に近づくと、螺旋階段がだんだん狭くなるし窓はほとんどないし、左右の壁がせまってくるような感じで、閉所恐怖症ぎみの私にはちょっと厳しかったです。もちろん、最上部まで登ると写真ような素晴らしい景色が目の前に広がります。

さて、束の間のローマ滞在の後は、マルタへと向かいます。

スポンサーリンク
Adsense Large Rectangle

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Adsense Large Rectangle