コルドバ歴史散策

バレンシアに2泊した後は、スペイン南部のアンダルシア地方へ。

アンダルシア地方は、スペインの中でも特にイスラム統治時代の文化が色濃く残るエキゾチックなエリア。

アンダルシア地方には、昔々一度訪れた事があるのですが、その時は、モロッコに渡る中継点としての訪問だった事もあって、マルベラ(マラガの近くの海辺のリゾート地)とセビーリャに滞在しただけで、アンダルシアの観光地として有名なコルドバやグラナダには訪れなかったんです。

なので、今回のスペイン旅行では、ちゃんとアンダルシア地方を観光しよう、ということになりました。

ということで、まずは、コルドバ (Córdoba) へ。 バレンシアからは、AVEという高速列車で約3時間。

以前は、スペインは高速列車の鉄道網が整っておらず、他のヨーロッパ諸国に比べると、鉄道での旅がしにくいイメージがあったのですが、今はとても便利になりましたね。 高速列車が新しくできたからか、駅舎も新しいところが多く、大きな荷物を持っていても簡単に移動できるような作りになっていたのが印象的でした。

さて、コルドバの魅力は、

  • 紀元前のローマ帝国支配時代から栄えていた
  • 8世紀にイベリア半島がイスラム教徒によって支配された時に、イベリア半島におけるイスラム王国の首都となり大繁栄
  • 13世紀にキリスト教徒によるレコンキスタ(国土回復運動)により、再びキリスト教国(カスティーリャ王国)の支配下となる

という、大きな歴史の変遷が1つの町の中に今でも残っているところです。

コルドバでの一番の見所、メスキータ (Mezquita) は、イスラム時代にモスクとして建てられた美しい建造物。

メスキータの中に入ると、まず目を奪われるのが、広い礼拝の間に延々と続くアーチ型の円柱。

2015-05-20-1

赤と白の縞模様がとても印象的。 赤い部分は、色を塗ってある訳ではなくて、レンガで作られています。

そして、このアーチの他にも、美しいイスラム様式のアーチやパターンが一杯!

2015-05-20-3

2015-05-20-4

ちなみに、メスキータというのは、スペイン語でモスクという意味。 イスラム統治時代にモスクとして建てられた建造物なので、一般的には、今でも、ここを「メスキータ」と呼んでいるけれど、レコンキスタ後は、ここはキリスト教(カソリック)の教会として使われるようになりました。(現在のこのメスキータの正式名称はコルドバ大聖堂です。)

なので、イスラム様式の空間の中に、こんなキリスト教の装飾があったりします。

2015-05-20-5

中でも驚きなのが、16世紀にメスキータの中央部分に増築されたキリスト教の礼拝堂。

2015-05-20-6

2015-05-20-7

2015-05-20-8

一応、紅白のアーチを取り込んだりしてるけど、この部分は、めっちゃキリスト教なので、周りのイスラム様式とはまったくマッチしていない!!

でもね、面白いのは、メスキータの中央部分には思いっきりキリスト教の礼拝堂を作った一方で、モスクには不可欠のミフラーブ (Mihrāb) と呼ばれる部分は、取り壊したりせずに、そのままきちんと残されているんです。

2015-05-20-9

金やモザイクで装飾されたミフラーブ。 めっちゃ美しい!

2015-05-20-11a

2015-05-20-10

宗教間の対立やエゴなどで、この部分が取り壊されたりしなくて、本当に良かった!!

メスキータが現在はキリスト教の教会として使われているという事実は、メスキータの外壁部に聳え建つ塔を見ても判ります。

2015-05-20-12

もともとはモスクのミナレットだったらしいのですが、鐘を取り付けてあるので、キリスト教教会の鐘楼になってますよね。

そして、メスキータの外壁には、イスラム様式の美しい彫刻も残っているんですよ。

2015-05-20-14

ここだけ見ると、キリスト教の教会には見えませんよね。

さて、コルドバのメスキータがある歴史地区は、街並も素敵です。

2015-05-20-16

ここは、その昔、ユダヤ人が集まって住んでいたエリア。

2015-05-20-15

2015-05-20-17

14世紀に建てられたシナゴーグも残っています。

2015-05-20-18

そして、メスキータや旧ユダヤ人街といった歴史地区の南側に流れるグアダルキビール川 (Guadalquivir) にかかるのがローマ橋

2015-05-20-19a

コルドバがイスラム支配下になる遥か前のローマ時代(紀元前1世紀)に作られた橋です。

こんなに長い歴史の変遷を見て感じることのできるコルドバですが、これらの名所旧跡は意外と小さなエリアに纏まっているので、観光がしやすいのもコルドバの魅力。

ぎゅっと詰まった中身の濃い観光地だけに、観光客が非常に多いのが玉に瑕かな。。。

旧ユダヤ人街も、メスキータのすぐ近くは、安っぽいお土産物屋さんが並んでいたりして、かなりタッキーな雰囲気ですが、少し離れると、お店も観光客も一気に減って、静かに散策を楽しむ事ができますよ。

コルドバで私達が宿泊したのは、AC Hotel Cordoba というホテル。コルドバの鉄道駅の斜め前に位置していて、コルドバ旧市街までも徒歩約10分。モダンで清潔なホテルで快適にステイできました。おすすめです。

→ AC Hotel Cordoba

veltra banner

→ コルドバ発の現地ツアーを調べる

スポンサーリンク
Adsense Large Rectangle

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Adsense Large Rectangle

コメント

  1. YUMI より:

    コルドバ行きました。
    メスキータ懐かしいな。
    私イスラム的な美術も好きなので、ここ大好きです。
    そして、街並みも綺麗ですよね。
    ただ、スペインは暑かった。
    この時期はそうでもないですか?
    私はマドリードからコルドバやグラナダは現地のバスツアーで行ったのですが、言葉がよくわからないから、詳しい説明はわかりませんでした…

    • sowhat より:

      Yumiさん、
      スペイン南部は暑いからと思って、旅の前半に持って来たのですが、
      丁度アンダルシアを訪れた時期に熱波が来ていて、めちゃめちゃ暑かったです。。。